スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとも中途半端状態のナビゲーターのトロッコ TORROCCO  について

画像 001

多分espの最初のセミアコだと思う、この後にトロッコという豪華なギターに発展したのかな?
と思ってます
シリアルナンバーも無く ラベルも無い


この記事はまああくまでも私の主観で書きます
全然違う感覚の方もいると思います

まあとにかく作りが非常に良くて素晴らしいギターなのだが音が硬い
ピックアップを何回も変えたがやっぱ硬い、工事をあきらめて途中でやめてしまった!
最後に着けたジョーバーデンは現在レスポールでセミアコなVesta Graham VGs 2000についている
生音は非常に上品なキラキラ感があるが基本的に音が硬い
このギターは値段も高かったので、もし気に入ってオリジナル状態で使用している方がいたら聞いてみたいんですね
どんな風に使ってるんですか? って

私は大昔に質屋で格安で手に入れました
ネックの感じはもう最高なんでなんとかしたいんですよ
もっとも上手な人だったらパキパキしてて音の反応も早いからかえって良いのかな?
espの人がハッキしたコンセプトで作ったんでしょうけど本当に不思議なギターと思います

やっぱ腕かな?
そうだな きっとそうだ

やっぱこのギターは色々と調べたらESP "TORROCCOです

コメントの投稿

非公開コメント

No title

セミアコマニア さん

ご丁寧に有難うございますv-278

是非具体的な音源のあるホームページの作成をお願いしたいです
トロッコの音源はその時にホーメページで聞かせていただきます
多分トロッコに関しては興味を持たれてる方がけっこうおられるようですね

あらためて弾いてみると非常に弾きやすくて素晴らしいギターと思います
楽器のモデファイに関しては私も興味があるのですが 肝心の音がアップされていないものも多く、私は何のためにページを作ってるんだろうって思う事が多いです。
アッタチメントの比較や ピックアップ関係など 音が聴けないのはもう作者の意図が分かりません

ところでこのトロッコって物凄く高いモデルもありましたね、たしかespのカタログか雑誌の宣伝で見たことがあります 40万とかじゃなかったでしょうか?


いやーーー本当に楽しみです
どうもどうも


それではいずれ

 時間がとれましたらサンプルを録音してお送りします。
ブログはないですが、いずれセミアコのHPを立ち上げようと枠組みだけは作っており、
あとはコンテンツを打つだけなのですが、構想が壮大すぎてそのままになっております。

 それにしても、トロッコって見た目は派手なのですが、音は全く逆で地味で渋いです。
このギャップは何なのかと思ってしまうこともあります。

 ただ、私は音を知りませんが、お持ちのものや私のもののような通常のラインナップ(当時の定価13万、14万)とは
別に、材質等フルオーダーのもの、さらにまたぜんぜん違った最上級機(おそらく数えるほどしか生産されてないでしょう)が
ありますので、不思議というか謎の部分の多い機種です。

No title

セミアコマニア さん
いやーどうも有難うございます

それにしても凄いですね!
あなたの知らない世界って感じで私には全く理解出来ませんが出てくる音は分かります!
是非現実の音をお聞かせ願いたいものです
ご面倒でしょうがこれもギターの取り持つ縁ですのでお時間のある時に音源をアップしてくださいませ
もちろん私もこのトロッコちゃんが出来上がったら例の下手くそギターを全世界に公表しますよ
3年もの間取り組んだギターってさぞかし素晴らしい音が出るんでしょうね
本当に楽しみです
宜しくお願い申し上げます

また追記です。

コンデンサはバンブルビー223 (.022μ 400V)です。

モディファイ

改造についてですが、詳しくご説明すると長くなりますのでここではさわりみたいなところにさせていただきますが
下記のとおりです。

PU … いくつか試した結果、某レプリカモデルが一番音が太く相性が良かったのでこれに交換
(オリジナルもまあまあでしたが若干レベルが落ちる感じです)
ブリッジ … ギブソンビンテージに交換(そのままでははまらないのでスタッドホールを拡張)
ブリッジスタッド … いろいろ試したが、オリジナルが枯れていて一番良かったのでオリジナル
サムナット … 同じく、結果的にオリジナルパーツ(トロッコのものは通常と材質が違うので結構このパーツがポイントになります)
テイルピース … ビンテージギブソンの中から相性の合うものを選択
テイルピーススタッド …  同上
(アンカーはショップに依頼して現行のギブソンのものに交換)
ポット類 … オリジナル(予算の関係もあって交換せずメンテのみでガリ解消)
スイッチ、ジャック … スイッチクラフト(現行)に交換
配線 … 全部やり直し、ビンテージシールドワイアに交換
半田 … ビンテージ半田の中で一番気に入っているものを使用

こんなところです。決してギブソンパーツやビンテージにこだわってはおりませんが、ギターに合うものを
見極めながらやっていった結果こうなりました。
マホボディですので、振動系のパーツの選択や組み合わせによって、金属的なニュアンスが出やすくなったり、
逆に沈んだ音になったりして難しさはありました。
私の場合は、何とか、ふくよかでバランスの取れたビンテージサウンドにまとめることが出来ました。
ギブソンとは若干違うトーンですが、そこがまたいいですね。

ビデオカメラを持っていないので動画は撮れませんが、音だけならサウンドスケッチャーで録音可能です。

失礼いたしました。

No title

セミアコマニア さん

始めまして、ご親切に色々と教えていただき有難うございます
それで早速図々しくも質問させていただきますが最終的に セミアコマニアさんのトロッコはどんなモディファイをなさったんですか?
実に興味があります、できれば実際の音を聴いてみたいですね!

いやーーーーどうもどうも

追記

 書き忘れておりましたが、ボディが薄いからトレブリーなのではありません。
そう書かれた方には失礼かもしれませんが、何本ものセミアコの音作りをしてきた経験から自信あります。
トレブリーなのは98%パーツによるものです(PUも少し含む)。
確かにベスタは太くてふくよかな音であり、私の手元にも現在ありますが、ベスタの音の要素はボディから
くるものですが、トロッコは本来トレブリーな音ではないです。
ボディの材質が通常のセミアコとは異なりますので音は違いますが、特徴をうまく生かせば
大変味のある音になると思います。

トロッコですよ

はじめまして。
このギターはトロッコです。
トロッコの生産の最後の仕様と思います。
80年代前半、推測ですが82~84年頃のものでしょう。
当初はヘッドにナビゲーターのロゴは入っていませんでしたが、
この時期のものはこうなってます。他の細かな部分もいくつか違いがあると思います。
私も初期のトロッコを持っています。
かなりリペアやパーツ交換を行い、3年くらいかけて仕上げましたが、ふくよかな最高の音になりました。
途中ヤフオクで処分しようとも思いましたがしなくてよかったです。
トロッコの音づくりは確かに難しいですが、はまればすごいです。
決して硬い音ではありませんので、お持ちのものが硬いということはパーツセッティングによるものと思います。
元々はどちらかといえば地味な音です。
私はボディ改造以外のパーツチューンやPU・配線のモディファイを得意としておりますが、
もしお望みでしたらいろいろアドバイスさせていただくことは可能です。

No title

Les Paul-L5さん

なるほど厚みが薄いからですか セミアコなのにトレブリーってのはそんな理由だったんですね
私のベスタと生音で比べるともう全然違うんです
ベスタは大分厚いんで豊かな感じがします
トロッコは幾分クールな音色

p90  良いですね!

有難うございました

No title

P-90の件ですが55年あたりのレスポールから移植されたもので、とても太い音がしたのが印象的でした。
相性は悪くないと思います。
トロッコはボディーの厚みが他のセミアコより無いので、比較的トレブリーな音になりがちですが、ご自身のブログを拝見する限りですが、P-90ですと確かにブルースでのバッキングに最適な音が楽に出るような気がします。

No title

Les Paul-L5 URL さん

実は大分前からLes Paul-L5 URL さんのブログを拝見していました
実に素直に御自分のギター人生を書いておられるので感動しました!
このフロントピックアップは今でもありますがどうも音が硬くて私はダメダメなんです
Les Paul-L5 URL さんギターには p90が付いていたそうですが非常に興味があります
音が硬くなかったですか?
本体は凄く気にっているんです

今度仕上げたらアップします
有難うございました

No title

私のブログにコメント頂きまして恐縮です。
失礼とは思いますが返信がてら、訪問しました。

画像のギターは間違いなく“トロッコ”です。。。
過去に私が所有していたモデルとは若干の違いがありますが、トロッコの特徴を
全て持ち合わせています。

しかし画像を拝見して、フロント・ピックアップが無いのはとても残念です・・・ギブソンの
ピック・アップなんか意外にマッチすると思われます。
是非、完調になった姿をアップして下さい。

No title

azuさん

色々と調べたらかなり貴重なオールハンドメイドなハイパーギターみたいでした
確かに今弾いてみたら凄く弾きやすくてグーなんですがライブに持っていくとやっぱ音が硬くてどんなアンプで好きな音を探しても見つからなくて私には使いにくいんですね
でも弾きやすくてかっけー
まあm坂君みたいに最高な人はこれ気に入るかもしれませんね
確かにソウルのリズムギターとかやると良いでしょうね
もう物凄い時間をかけてるんですよ この素晴らしいTORROCCO君には

電気の事は全く分かりませんがなんとなくヘーーーーー良いかもって思いました!

まあ展覧会おわったら又ギターを弾きます

アリガトさんでした


No title

おう~!!
これですよ(^_^)v
このナビのセミアコ先日ブログで始めてみました。
ベスタグラハムに似ている!

やはり作りがいいのですか!
音が硬い!?
よほど作りがしっかりしているのかな?

M坂はセミアコで硬い音でコーディングとかソロを弾くの好きですね!
黒人達もブルースマンはセミアコで甘い音も出していましたが
ソウルのやつらは硬い音でカッコ良く弾いてましたもんね(^^♪

アンプの設定も別に大きく変える必要もあるのかもしれません?
そう言うギターってありますよね。

それほど変化は望めないかもしれませんが、ポット類を250KΩに
コンデンサーを0.022μFに変換して、トレブルの低いピックアップを取り付けてどうなるか??
てなところでしょうか!
復活させて音源聴かせて下さい!!
プロフィール

職人

Author:職人
日々エレキな事を考えている初老の男
実にくだらないブログです、気楽にコメントしてくださいませ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。