スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉崎正則さんの個展に行ってきました

画像 014

画像 016

画像 021


画像 029

画像 033


このブログは基本は音楽ブログですがこんな記事もたまには良いかと思いましてアップです

昨日杉崎正則さんの個展を見た

SARP 仙台アーティストランプレイス って画廊で彫刻3体だけの実にシンプルな構成であった

御覧の様に両性具有な表現になっておりこりゃーーーー本当に根っ子が下品だともう全然話にならないわだが杉崎さんはあっさりとクリアーして実に上品に危ない世界を堂々と表現していた

私は技術が凄くても中身の無い人はもう全く興味が無いんですが凄く上手でなにか必死に表現しようとしている人は興味津々なのです

杉崎さんのアトリエでこの最初の作品を見た時に思わず このへんなブツいらねんでねえの?って言ってしまってごめんちゃいね
重要な意味があったのね 


3体とも好きですが今日の私は真ん中の左のが好きです
昨日は最初のが好きでした

人物が写ってますが最初の方が杉崎さんで 作品に全く合ってない最後のが最近太った私です


杉崎さん自身の解説


「変容する身体」展 


 展示予定作品「トランスフォーム XXXY」は「変体」を意味しています。XXは女性、XYは男性を表す性染色体の

記号です。近年、「女性と男性」とを区別する境界線が厳密さを欠いています。それは、生物学的にも、心理学的にも、

その境界線を乗り越える数が多く表出してきているからです。

 私はこの両性の特徴を持つ身体を形にすることによって、「女性と男性の身体性」への「常識的な見解」を、実際に

両性具有の身体を見た実感をもとに再確認し、「二つの物事を隔てる境界線の存在の意味」を再考したいと試みています


杉崎正則展



会期   2011年3月8日(火)~13日(日)  

会場時間 11:00~19:00(但し最終日は18:00終了)

会場   SARP 仙台アーティストランプレイス 

宮城県仙台市青葉区錦町1-12-7


是非会場に足を運んでこの不思議な彫刻と出会って見てくださいな

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

職人

Author:職人
日々エレキな事を考えている初老の男
実にくだらないブログです、気楽にコメントしてくださいませ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。