スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 キャデラック・レコード を観た



昨日は休みで午前中は限界に最高な温泉に300円で入り蔵王町の最高なラーメン屋 中華亭分店で大盛りラーメンを食べてちょいと高級なウイスキーを買ってその足でビデオ屋さんで遅ればせながらこのキャデラック・レコードを借りたのであります
贅沢三昧の一日でありました

映画の出来では先日観た『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』の方が格段に良かったがやっぱブルースという事でじっくりと観た

当時の音楽業界のこととか演奏者同士の葛藤とかが良く描かれていたと思う
しかし全体が説明的でブルースを知らない若い人向けに作られた感じがありありとしていた
それがかえって平凡な感じになっている
本物の良い音楽は説明しなくても充分分かると思う
物事を分かりやすく表現するのは逆に本当に難しいと感じた

自分的にはヒューバート サムリン のシーンが少なくて残念であった

しかしエタジェームスってこんなに美人だっけ

まあ普通に楽しめる映画でした





コメントの投稿

非公開コメント

No title

azuさん

お早うございます

この映画は最後まで飽きないで観られる楽しい映画でした!
しかし私のハートにはぐっとは来なかったんですね

どうもどうもどうも


No title

そう!しょせん映画、作り物です。
エタがこんなに美人なのも映画ならではです。
ドキュメンタリーでは無いですからね(^^♪
チェス・レコードの事なんかアメリカの白人達はほとんど知らなかった人が
多いのも事実だと思います。
チェスもブルーノートもユダヤ系移民が作ったレーベルでした。
この映画よりも深いところを語れば限が無いところでしょう!
ですが映画はしょせん娯楽で作り物です。
分かりやすくなければなりません。

プロレスが八百長だ!相撲が八百長だと今更騒ぐアホドモも世の中には沢山いますよ!
子供みたいな事言っている奴らが・・・
オリンピックの採点だって信用できないのに・・・
プロフィール

職人

Author:職人
日々エレキな事を考えている初老の男
実にくだらないブログです、気楽にコメントしてくださいませ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。